くらしの情報

facebook twitter instagram YouTube

0153-87-2111

パンくずメニュートップページ >子育て・健康・医療・福祉 >子育て >妊娠届と妊婦への助成

妊娠届・母子健康手帳の交付

内容

 医療機関で妊娠の判定を受けた場合、速やかに妊娠の届出をしてください。母子健康手帳を交付します。  また妊婦健診受診票(助成券)を発行します。

対象

 羅臼町に住民票のある妊婦

必要なもの

 個人番号(マイナンバー)の利用について、平成28年1月から母子保健法施行規則が改正され、妊娠届出書に妊婦本人の個人番号の記入が義務付けられました。届出時に個人番号の確認と本人確認を行いますので、ご協力をお願いいたします。

※代理人が届け出る場合には、委任状と代理人の本人確認を行います。

妊婦本人が届け出る場合

  1. 個人番号カード(個人番号カード1枚で申請可能)

  2. 個人番号通知カード

  3. 個人番号が記載された住民票(写し可)
    ②③の場合、本人確認のため、下記AあるいはBが必要です。
      A(右記いずれか1点):運転免許証・パスポートなど顔写真つき身分証明書
      B(右記いずれか2点以上):健康保険証・年金手帳・診察券など

代理人が届け出る場合

  1. 委任状 (PDF方式)
  2. 代理人の本人確認ができるもの(下記AあるいはB)
     A(右記いずれか1点):個人番号カード・運転免許証・パスポートなど顔写真つき身分証明書
     B(右記いずれか2点以上):健康保険証・年金手帳・診察券など
  3. 妊婦本人の個人番号がわかるもの(下記いずれか1点)
     個人番号カード(両面写し可)・個人番号通知カード(写し可)・個人番号が記載された住民票(写し可)

参考までに

個人番号カードのイメージ : 顔写真入り。ICカード。申請による取得。

個人番号通知カード: 顔写真なし。紙カード。平成27年10月頃、世帯毎に郵送済み。

妊婦一般健康診査・超音波検査・産婦健康診査の助成

内容

 羅臼町では、妊娠中に必要な血液等の検査に対する助成券を発行しています。
妊婦一般健康診査受診票 14枚、超音波検査受診票 6枚まで妊娠届出時の週数に合わせて母子健康手帳と合わせて配布されます。また、産婦に対し、産後の経過をみるために必要な検査等に対する助成をしています。

対象

 羅臼町に住民票がある妊婦及び産婦

その他

 ・羅臼町外へ転出される方は、受診票が使用できなくなりますので母子健康手帳発行窓口へお寄りください。  ・羅臼町へ転入された方は、受診票を発行しますので母子健康手帳発行窓口へお寄りください。 

妊婦歯科健診の助成

内容

 妊娠届出時に妊婦に対し、川上歯科医院にて無料で歯科健診とブラッシング指導を受けることができる助成券を発行します。
(健診期間) 妊娠5~7ヶ月(妊娠16週から27週の安定期)

対象

 羅臼町に住民票のある妊婦

羅臼町妊婦宿泊費助成

内容

 妊婦健診を受け、悪天候により交通障害が発生するなどで羅臼町に帰ることができず、医療機関のある現地の施設に宿泊した場合、費用を助成する制度があります。

対象

  1. 妊婦
  2. 町外で妊婦健診を受診し悪天候により交通障害が発生するなどで羅臼町へ帰ることができず、医療機関のある現地の宿泊施設に滞在した方

※ 妊婦さん本人にのみ助成します。

助成額

 食事代を除き、1泊5000円を上限として3泊を限度とした実費とします。

申請方法

 保健福祉課窓口に「申請書」があります。宿泊施設の領収書を添えてご提出ください。 

このページについてのお問い合わせ

羅臼町役場 保健福祉課
0153-87-2161

このページの更新日:2020年4月1日

観光情報サイト
ふるさと納税サイト
お問い合わせ
ページトップへ