はじめての方へ

文字の大きさ:

町の情報

総合案内(トップページ)  >   町の情報  >   北方領土問題について   >   北方領土は日本の領土です

北方領土は日本の領土です

■北方領土は日本固有の領土です!


 北方領土は、日本国民が父祖伝来の地として受け継がれてきたもので、いまだかつて一度も外国の領土となったことがない日本の固有の領土です。
 1855年の日魯通行条約により、当時、択捉島とウルップ島の間に自然に形成されていた国境線が法的に画定され、北方四島は日本の領土として平和裏に確定しました。
 しかし、第二次世界大戦末期の1945年8月9日、ソ連邦は、当時まだ有効であった日ソ中立条約を無視して対日参戦し、8月14日に我が国がポツダム宣言を受諾し降伏の意図を明確に表明した後、8月28日から9月5日までの間に四島のすべてを不法に占領してしまいました。
 当時、これらの島々には約1万7千人余りの日本人が暮らしていましたが、1949年までに日本人島民全員がソ連により強制的に退去させられました。それ以降北方領土には日本人は住んでいません。
 
北方領土02.jpg
 ※昭和22年当時の強制送還されたときの様子(写真:千島連盟提供)
 

■戦前の北方領土の人口


島名 世帯数(世帯) 人口(人)
択捉島 739 3,608
国後島 1,327 7,364
色丹島 206 1,038
歯舞群島 852 5,281
3,124 17,291
 ※1945年(昭和20年)8月15日現在
 

■北方領土の面積


島名 面積(㎢) 備考
択捉島 3,184 鳥取県と同じ大きさです。
国後島 1,499 沖縄本島と同じ大きさです。
色丹島 253 徳之島(鹿児島県)と同じ大きさです。
歯舞群島 100 小笠原諸島(東京都)と同じ大きさです。
5,036 四島合わせると千葉県や愛知県とほぼ同じ大きさです。