はじめての方へ

文字の大きさ:

町の情報

総合案内(トップページ)  >   町の情報  >   世界自然遺産「知床」について   >   知床世界自然遺産登録に関する羅臼町の取組み状況

知床世界自然遺産登録に関する羅臼町の取組み状況

 

平成6年 
 
知床国立公園30周年を機に、羅臼町・斜里町により世界遺産登録への取組みを検討しはじめる
平成9年
5月
斜里、羅臼両町助役合意
 
9月
IUCN世界遺産委員会副委員長(当時ビング・ルーカス氏)斜里町、羅臼町を訪問
 
10月
第1回世界遺産登録事務打合せ会議
平成10年
3月
環境省による平成9年度知床国立公園羅臼地区公園利用基本構想調査報告書完成
 
6月
両町担当者打合せ会議
 
11月
両町助役以下、屋久島視察
 
12月
第2回世界遺産登録事務打合せ会議
平成11年
1月
両町世界遺産協議
 
3月
資料パンフ「カムイモシリ知床 世界の遺産知床半島」作成
 
6月
北海道へ要望書提出
 
7月
両町長担当者による環境庁(当時)、林野庁へ要望書提出
管内市町長へ支援依頼
 
10月
北海道、斜里町、羅臼町合同によるフォーラム「世界遺産を考える」を開催
 
11月
両町議員団で屋久島を視察
平成12年
7月
両町議員団で白神山地を視察
 
7~8月
羅臼町内中学生による屋久島交流視察
 
11月
知床の世界遺産を目指す住民の集い開催
平成13年
2月
世界遺産啓発パンフ作成
 
7月
 北海道遺産第1次候補に選定される 
 
10月 
環境省による知床国立公園適性利用基本構想検討調査着手(平成14年3月完成予定)
世界遺産を目指す・平成13年度知床国立公園内外整備実施計画検討会設立(環境省の調査と連動)
平成14年
12月
羅臼町・知床世界遺産登録推進協議会設立
平成15年
5月
世界遺産暫定リストの推薦候補地に選定される
 
10月
推薦書の提出を目指す地域として「知床」が選定される関係機関、団体による「知床世界遺産候補地地域連絡会議」設立
 
12月
 知床世界遺産候補地地域連絡会議において「管理計画」策定
平成16年
1月
世界遺産条約関係省庁連絡会議において正式に「知床」が推薦される
 
 
世界遺産事務局に「推薦書」提出される
 
7月
国際自然保護連合(IUCN)による現地調査が行われる(調査期間:7/20~7/26)
 
8月
国際自然保護連合(IUCN)から1回目の書簡(トドの餌となるスケトウの保護策及びダムの魚道設置)
 
11月
日本政府から国際自然保護連合(IUCN)へ回答
平成17年
2月
国際自然保護連合(IUCN)から2回目の書簡(再度、候補地の海域拡大など)
 
3月
日本政府から国際自然保護連合(IUCN)へ回答
 
5月
国際自然保護連合(IUCN)からユネスコ世界遺産センターへ評価報告書が提出
国際自然保護連合(IUCN)の評価結果から、知床が世界自然遺産に「登録」と勧告されていることが判明
 
 7月
 ユネスコの第29回世界遺産委員会(於:南アフリカ/ダーバン)で、「知床」の世界遺産一覧表への記載が正式に決定される

 

 

 

btn_pagetop_blu.gif